ベトナム



ワクチン3回接種が条件のもと、9月7日から日本入国時の陰性証明が不要になることを発表、日本の水際対策緩和は10月11日より、入国者数上限撤廃とビザなし自由旅行解禁も発表した。

11月現在中部空港運行状況

ホーチミン

 ベトナム航空VN341/VN340

■運航ダイヤ
VN341 セントレア 10:00 → ホーチミン 13:25 ※毎週水曜・日曜日運航
VN340 ホーチミン 00:05 → セントレア 07:35 ※毎週水曜・日曜日運航

ハノイ

 ベトナム航空VN347/VN346

■運航ダイヤ
VN347セントレア10:15 → ハノイ  13:55 ※毎週月曜・火曜・木曜・土曜日運航
VN346ハノイ  00:05 → セントレア07:00 ※毎週月曜・火曜・木曜・土曜日運航

 ベトジェットエアVJ929/928   2022年7月3日 新規就航

■運航ダイヤ
VJ929 セントレア 9:25 → ハノイ 12:50 ※毎週月曜・水曜・金曜・日曜日運航
VJ928 ハノイ   1:25 → セントレア8:00 ※毎週月曜・水曜・金曜・日曜日運航

入国最新情報

(1)パスポート
・残存有効期間がベトナム入国時に6か月以上あるもの
(2)航空券
(3)ビザ ※滞在期間が15日間以内の場合は免除
・以下のいずれかに該当する場合はビザ申請が必要
(A)16日以上滞在する場合
(B)復路の航空券がない場合
(C)ベトナムを出国した日から30日以内に再入国する場合

必要な手続き

ビザ申請
・ベトナムには渡航目的や再入国の有無などに応じて複数種類のビザがあるため、自身に必要なものを取得する。※下記では観光を目的とした渡航に使える電子ビザ(e-Visa)について解説します
<電子ビザについて>
・有効期限:入国後30日間有効(1回のみ入国可能)
・発給までの所要日数:3営業日
<電子ビザ申請に必要なもの>
・有効期間が6か月以上のパスポート
・パスポートの顔写真ページの.jpg形式の写真
・jpg形式のパスポート写真(4×6、白い背景、メガネなし)
・クレジットカードまたはデビットカード(申請手数料25ドル)
・メールアドレス
<電子ビザ申請方法>
(1)以下の申請用ウェブサイトへアクセスする
https://evisa.xuatnhapcanh.gov.vn/web/guest/trang-chu-ttdt
(2)パスポートデータページとパスポート写真の画像をアップロードする
(3)パスポート情報を入力する
(4)渡航情報(ベトナムでの滞在先住所、入国・出国予定日など)を入力する
(5)申請手数料25ドルを支払う
(6)支払い完了後、登録コードが発行されるので保存する
(7)申請から3営業日後、以下のビザ確認用ウェブサイトで登録コード、メールアドレス、生年月日を入力すると、ビザの確認およびダウンロードができる
https://evisa.xuatnhapcanh.gov.vn/tra-cuu-thi-thuc
(8)ダウンロードしたビザを2部印刷の上、渡航時に持参する

ベトナム航空、ハノイ~/ホーチミン~名古屋線の臨時便を運航 需要回復で

日本発ベトナム行きの渡航需要回復に伴い、2022年12月と2023年1月の一部の路線で機材の大型化と臨時便の運航を決定した。

詳細は以下の通り。

ベトジェット、福岡・名古屋から首都ハノイへの就航を開始

ベトジェットは、コロナ禍以降も日本-ベトナム間のフライトネットワークを拡大し、先週末に福岡と名古屋からハノイへの直行便を就航させました。7月2日より、福岡-ハノイ線は毎週火・木・土の週3便で往復運航します。7月3日以降は、名古屋-ハノイ線が月・水・金・日の週4便で往復運航します。両路線とも飛行時間は片道約5時間。

ベトナム、入国前の検査不要に 5月15日から

ベトナムへの入国者に対する入国前の新型コロナウイルス検査の要件を一時停止する旨の公電を発出した。5月15日から適用される。これに先立ち、保健省は4月27日午前0時から、国境検問所・空港・港湾における入国者に対する健康申告を一時停止している。ベトナムへの入国者は、出国前(RT-PCR/RT-LAMP検査なら出国前の72時間以内、抗原迅速検査なら24時間以内)に受けた新型コロナ検査で陰性であれば、ベトナム入国時は健康申告を行うだけでよく、再検査と隔離の必要がないとされていた。なお、4月末時点で、世界50か国・地域余りが海外からの入国者に対する検査の要件を一時停止している。東南アジアでは、カンボジア、シンガポール、インドネシア、フィリピン、タイで入国前の検査が不要となっている。

クアンニン省:観光客にワクチンパスポート提示など求めず、観光復興に向け

世界自然遺産ハロン湾を擁する東北部地方クアンニン省は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を大きく受けた観光産業の復興に向けて、同省を訪れる観光客に対して有利な条件を整える方針。具体的に、ツアーへの参加やPCR検査・抗原検査の実施、ワクチンパスポートや感染からの回復証明書の提示などを求めない。

ベトナム航空、日本路線の最新運航計画を更新 特別便も運航

ベトナム航空(HVN/VN)は、5月15日から日本発着5路線を増便する。ベトナムからの日本への入国者は4月29日から自宅などでの待機が不要になり、日越双方の需要が増加傾向にあるため。増便対象はホーチミン発着が成田(VN300/301)と関西(VN320/321)、中部(VN340/341)の3路線、ハノイ発着は関西(VN330/331)と中部(VN346/347)の2路線。ホーチミンは成田線を2往復増便し週4往復、関西線は1往復増の週3往復、中部線は1往復増の週2往復となる。ハノイは関西線が1往復増の週5往復、中部線は2往復増の週4便となる。日本発の運航日は、ホーチミン-成田線が月曜と火曜、木曜、土曜、関西線が火曜と水曜、土曜、中部線が水曜と日曜。ハノイ-関西線は月曜と水曜、木曜、金曜、日曜、中部線は月曜と火曜、木曜、土曜となる。また、ハノイ-羽田線は3月の発表通り7月1日から週4往復で再開する見通し。

関連リンク

 





     

インドシナ半島東側の細長いS字型の国ベトナム。富んだ自然を有している。 山岳地帯、美しい海岸線を持つビーチ、メコンデルタなど、観光ポイントも数多くあります。


日程:現在ダイナミックパッケ-ジとして準備中のため、出発日、日程、ホテルにより異なりますのご相談ください。


価格:各種商品及び日時、、日程、ホテル(部屋カテゴリ-)により異なります。