水際対策について

東南アジアの入国制限の緩和状況について(5月3日現在)

タイでは5月1日から、入国時に義務づけられるPCR検査が廃止された。タイへの入国は「隔離なし」が宣言されていたものの、到着時にPCR検査があるため、実質的には指定のホテルに1泊する必要があった。タイ政府は2021年11月に「テスト・アンド・ゴー」による「隔離なし」の入国を開始。新型コロナの変異株「オミクロン株」が拡大したことによる中断を経て、4月からは渡航前のPCR検査も不要となった。タイは入国制限の緩和に早期から着手していたが、実質的に隔離があったことで周辺国に比べて「周回遅れ」ともいえる状況。5月以降はワクチン接種済みの入国者は、到着当日から自由な行動が可能になる。オンラインでの入国申請「タイランド・パス」は継続し、1万米ドル(約130万円)の保険が必要となるほか、到着後は抗原検査キットによる自主的な検査が求められる。シンガポールは4月1日から入国制限を大きく緩和した。入国2日前のPCR検査は必要となるものの、保険や医療申告のアプリは不要。ワクチン接種を完了している人と12歳以下の人は短期滞在目的の人も含め、全ての人が入国できる。到着時の検査や入国後の隔離は必要なく、入国許可証の取得も不要だ。マレーシアから陸路で入国する場合、従来は専用バスでの移動のみ許可されていたが、4月以降は自家用車(二輪を含む)での入国も可能となった。そのマレーシアでも、4月1日から入国制限は大幅に緩和され、5月からは追加の措置が実施された。ワクチンの2回接種、もしくは追加接種(ブースター接種)を終えている場合は、隔離が免除。到着後は空港か、24時間以内に医療機関でPCR検査を受けることが求められていたが、こちらも廃止となった。マレーシアではアプリ「MySejahtera(マイスジャテラ)」で、個人情報やワクチン接種証明、陰性証明、保険内容が記録されていた。アプリによって生成されるQRコードは商業施設やオフィスに入る際にも提示が求められていたが、廃止された。屋外でのマスク着用についても自主判断となっている。ベトナムでは3月15日より、入国後の隔離が不要に。入国前72時間以内に実施したPCR検査か、24時間以内に実施した抗原検査による陰性証明が必要となる。入国時には到着前24時間以内に申請した医療申請書によるQRコードを提出する必要があったが、4月27から廃止された。医療申請によって空港での混雑が問題になっていることで、当局が申請の廃止に踏み切った。15日以内の滞在であれば、ビザの取得も必要ない。入国制限を大幅に簡素化したベトナムだが、ビザの取得では問題が多い現状がある。1カ月の観光ビザは到着ビザ(eビザ)のみで、更新がかなり難しい。招聘(しょうへい)による3カ月のビジネスビザは取得が容易だが、こちらも更新が難しいのが実情。「周辺国から不正な入国が相次いだことで、入管局が制限を厳しくしている」とのことである。出張でベトナムに1~2週間滞在する場合はビザなしでも入国は可能だが、「滞在中にPCRで陽性になってしまった場合、そこからビザを取ることになる。招聘による3カ月のビジネスビザを取得するか、1カ月のeビザを取得するのが無難」と思われる。また、4月29日より日本政府がベトナムを指定国から解除したため、3回目ワクチン(モデルナ、ファイザー)接種済みの場合は日本に隔離なしで入国し、到着後すぐに活動可能になる。インドネシアでも、入国制限の緩和は段階的に進められている。同国は4月5日、首都ジャカルタ郊外のスカルノ・ハッタ国際空港で、観光客が空港到着時に有料(50万ルピア=約4,300円)で取得する「到着ビザ」の発給を開始。東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国に対してはビザ免除措置を再開すると発表。3月上旬にはバリ島を訪れる外国人観光客に対し、入国制限を緩和している。入国時には体温を測定し、37.5度以上で感染が疑われる場合のみPCR検査が実施され、入国前の陰性証明は不要。現状ではワクチン接種証明と保険に加入していることが入国の条件となる。到着ビザ発給の対象国は、日本、米国、中国、ASEAN加盟国などを含めた43カ国・地域。スカルノ・ハッタ国際空港のほか、東ジャワ州スラバヤのジュアンダ国際空港など、空路では7空港からの入国が対象となる。今後はジョクジャカルタ特別州や南スラウェシ州マカッサル、北スマトラ州メダンの空港で海外からの入国者受け入れを再開する予定という。フィリピンでもワクチンの接種証明があれば、到着時の隔離は不要。現状では到着前48時間以内のPCR検査か24時間以内の抗原検査による陰性証明が必要となるほか、3万5,000米ドル以上の保険証明が求められる。ミャンマーでは国内で新型コロナが収束しつつあることを受け、4月1日から専用のウェブサイトを通じた商用の電子査証(eビザ)の発給申請を再開。救援便の利用者については、ワクチンを2回接種した場合の隔離を5日間から3日間に短縮した。4月17日以降は商用便の利用者に限り、1日に短縮。ただし、eビザのシステムでは観光ビザの申請は受け付けていない。商用ビザの場合では、国営保険会社ミャンマ・インシュアランスが販売する旅行傷害保険への加入を義務づけられる。1~60歳であれば、滞在日数によって最低50米ドル(約6,400円)、最高420米ドルの保険商品を購入する。一方、カンボジアの入国に必要なのはワクチンの接種証明のみとされ、東南アジアで最も入国制限が「緩い」部類に入る。

水際対策に係る新たな措置について

令和4年4月21日更新しましたので、これらに従い準備してください。

宣誓書が更新されました。検査証明書  携帯アプリインスト-ルについて  質問票WEB記入方法  

 

※ 外務省感染症危険情報発出国については、外務省海外安全ホームページを御確認ください。 
査証制限措置対象国については外務省ホームページを御確認ください。

4月現在入国待機期間 4月28日指定国追加

5月現在入国待機期間 5月16日指定国追加

入国手続の一部をウェブ化 「ファストトラック」よくあるある質問について

ファストトラックについて5つの空港において運用開始) → 詳細

厚生労働省 検疫所からのお知らせ

水際対策に係る新たな措置について

新型コロナウイルス感染症に関する水際対策の強化に係る措置について

日本へ入国・帰国する皆さまへ

日本帰国における宣誓書(3月1日更新版)       検査証明書の提出について

厚生労働省・入国者健康確認センター(日本へ入国・帰国)

 

 

各国入国・出国規制情報

新着ニュース(ビジネス短信)← 外部リンク 日本貿易振興機構 JETRO

<最新ニュ-ス>

5月02日 ニュージーランド NZ航空国際線―5月1日からワクチン接種義務を解除

5月02日 中国 封鎖管理下にある上海市から日本への帰国をお考えの方へ

4月25日 日本 ワクチン接種証明書保持者に対する入国後・帰国後の待機期間について

4月22日 ワクチン接種証明書保持者に対する入国後・帰国後の待機期間について

4月22日 バングラデシュ入国時の健康申告書について

 

 

外務省表記(海外安全HP)

アフリカ

 

 

 

MY SOSについて(海外からの帰国)

My SOSとは?ファストトラック利用に必要な書類と準備について

これは業務渡航、観光渡航で行かれる方、共通でございます。規制がある中、緩和に伴い海外にお出かけする際に必要なことですので、登録の仕方をご確認ください。

「My SOS」とは日本の厚生労働省が作った、健康居所確認アプリの名前です。日本に帰国・入国した人が、待機期間中の現在の位置確認、健康状態報告、入国者健康確認センターがビデオ通話を行い現在地を確認するなどの用途で使われます。

そのMy SOSのアプリ上で、日本到着8時間前までに必要書類や必要情報を事前登録・審査をクリアしておくことで、日本到着後、検疫にかかる時間が短くなるシステムが「ファストトラック」です。日本の主要5空港で使用できるようになりました。

ファストトラック登録には以下の4つのセクションに分かれています。

1.質問票WEB
2.誓約書
3.ワクチン接種証明書
4.出国前72時間以内の検査証明書

質問票WEBと誓約書はアプリ上で求められる必要情報を登録していく形です。
そして、ワクチン接種証明書と検査証明書に関しては、ご自身で取得した証明書の写真なども併せてアップロードする必要があります。

質問票WEBと誓約書は渡航日程や飛行機のフライト情報、滞在先など必要情報が揃えば記入を始めることが可能なので早めに済ませておくことをお勧めします。またパスポート情報やフライト情報など必要なものを確認して、お手元にそろえてからスタートすれば登録がスムーズです!

質問票WEBの登録完了をさせないと、誓約書の登録に進むことができないので気をつけましょう。

また、これらの情報を登録する際にはインターネットが使える環境である必要があります。

「My SOS」アプリのダウンロード

まずは無料アプリ「My SOS」をご自身のスマートフォンにインストールします。
インストールはこちらから。
iPhoneのインストール方法はこちら>>
Androidのインストール方法はこちら>>

ダウンロードすると名前や生年月日、パスポートナンバーなどの登録が求められます。それらを登録すると「同行者の確認」があります。
こちらでは、12歳以下のお子様は追加で登録することができます。(同伴がある場合のみ)

その後、日本入国前に検疫手続きの一部をアプリで行うことができる機能、「ファストトラック」を利用するかの確認画面が出てくるので「はい」を選択しましょう。

My SOSのファストトラック登録方法STEP1:質問票WEBの登録

登録を開始するには画像内①のボタン、「検疫手続き事前登録」を押しましょう。事前登録に関してわからないことがある際には②の「事前登録の説明」を押しましょう。

 

そうするとこの画面が出てきます。
一番最初にアプリに登録した情報が下の画像の①の黄色い枠内に表示されます。同行者がいる場合には②の名前の部分がプルダウンになっているのでそこで変更可能です。
まずは、画面下にある「質問票WEB」をクリック。

 

そうするとこの画面が出てくるので「次へ」を押しましょう。

 

質問票では
1. 日本到着日
2. 利用航空機の会社
3. 便名
4. 座席番号(数字)
5. 座席番号(英字)
6. 名前
7. 国籍
8. 性別
9. 生年月日
10. 滞在先の住所
11. 日本国外に住んでいる人は日本の出国予定
12. 飛行機を利用する場合はその出国空港名と出国便名
13. 船を利用する場合はその出国海港名と出国船名
14. 過去14日以内に滞在した地域
15. 体調に関する質問
16. メールアドレス
※ドメイン(メールアドレスの@マーク以降)が「@followup.mhlw.go.jp, @hco.mhlw.go.jp」からのメールを受信できるよう設定してください
17. ご自身の電話番号と緊急連絡先の電話番号          の記入が必要です。
そちら全て答えたのち確認をし「完了ボタン」を押して質問表の登録が完了します。
質問票の記入が終わると、先程の画面の「未登録」の部分が「登録済み」に変わります(画像内★の部分)。

 

My SOSのファストトラック登録方法STEP2:誓約書

質問票の登録が終わったら次に「誓約書」を登録します。
誓約書はこのような見た目で、ご自身のお名前、滞在先、日本入国後の待機場所、パスポートナンバー、日本国内で通話可能な電話番号、Eメールアドレス、緊急連絡先などが求められます。
※①の法定代理人の氏名は、誓約書が未成年の場合で法定代理人がいる場合のみ入力

 

誓約書の登録が終わり、トップ画面に戻ると、誓約書の部分も「登録済み」に変わります(画像内★の部分)。

 

 

My SOSのファストトラック登録方法STEP3:ワクチン接種証明書

誓約書の登録が終われば次は「ワクチン接種証明書」の登録です。
ワクチン接種証明書のボタンを押すとこの画面が出てきます。多くの方はワクチン接種済みで海外渡航や日本帰国されると思いますので、ここで「有」を選択して次に進みます。

 

その後接種したワクチンの種類や接種日などの回答が求められるので記入していきます。

 

「ワクチン証明書アップロード」の部分にある「Browse」というボタンを押し、ワクチン接種証明書の写真をアップロードし(ファイル形式はPNG,JPG(JPEG),GIFのいずれか)、「次へ」を押します。確認画面が出てくるので間違いがないか確認し、「登録する」を押しましょう。

 

登録が完了すると、ワクチン接種証明書の部分が「審査中」に変わります。
ちなみに、ワクチン接種証明書の審査には時間がかかることもあるようなので、早めに登録しておくことをお勧めします。

ワクチンの審査中のステイタスになると、アプリの色が黄色に変わります。

My SOSのファストトラック登録方法STEP4:出国前72時間以内の検査証明書

最後に登録するのが、出国前72時間以内に受けたコロナテストの陰性証明です。陰性証明の前に登録したワクチン接種証明書が審査中であっても、こちらを先に登録することができます。「出国前72時間以内の検査証明書」を押すと、この画面が出てきます。「有」を押すと、写真でのアップロード、「無」を押した場合には、航空機搭乗時や入国時に紙などで陰性証明書を提示する必要があります。

 

「有」を押した方はその後、検体採取をした日時、方法、検査結果と、検査結果の写真をアップロードする必要があります。写真がアップロードできたら「確認画面(画像右側)」で確認をし、間違いがなければ登録します。

 

陰性証明の登録が終わるとトップ画面の「出国前72時間以内の検査証明書」の部分が「審査中」に変わります(画像の①の部分)。

 

 

アプリの色が緑色に変われば無事、ファストトラック利用可能!

登録が完了し、全ての審査も完了すると、黄色であったアプリの色が「緑色」に変わります。
この緑色の画面を入国の際に提示すれば、諸々の書類をその場で見せなくとも通過することができます。

 

日本入国後は緑色であったMy SOSのアプリの画面が赤色に戻ります。

ワクチンがブースター接種まで終わっている方は、待機期間はなしで入国できます。

ワクチン2回目までしか接種が終わっていない方はこの後、3日目以降にコロナの検査を受け、陰性ならその後の待機期間は免除(原則7日間ですが、4日目以降が免除)となります。

待機中に必要な対応の位置情報の設定や接触確認アプリ「COCOA」のインストールは以下から。
iPhone】スマートフォン位置情報の設定 
【Android】スマートフォン位置情報の設定
接触確認アプリCOCOAのインストール

待機期間中に必要な対応については以下のリンクをご参照ください。
[08] MySOSのトップ画面の確認
[09] 待機場所登録と毎日の現在地報告
[10] 毎日の健康状態報告
[11-1] MySOSのビデオ通話応答(AI) iPhone
[11-1] MySOSのビデオ通話応答(AI) Android
[11-2] MySOSのビデオ通話応答(オペレーター) iPhone
[11-2] MySOSのビデオ通話応答(オペレーター) Android
[12] MySOSのバージョンアップ iPhone
[12] MySOSのバージョンアップ Android
[13] COCOAの利用

ファストトラックに関する情報はこちらも一緒にご覧ください
ファストトラックマニュアル

待機解除のための陰性証明届け出について

その他情報

Covid-19に関する証明書 

ワクチン証明書電子版について12月20日から   ワクチン証明書が新しくなります

EUデジタルCOVID証明書

EU Digital Passenger Locator Form

在仏日本大使館のサイト(https://www.fr.emb-japan.go.jp/itpr_ja/kensashomei.html

海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書について(厚生労働省)

外務省 海外安全 

ワクチン証明書可能国 地域一覧 更新

アジアにおける入国制限(外部リンク)

駐日外国公館リスト

タイ渡航情報 最新情報   →  海外旅行 タイをご参照ください

ベトナム入国の際に必要な【HEALTH DECRARATION(健康申告)】について

シンガポ-ル航空 海外技能実習生の方への特典3月31日まで延長

パスポートのオンライン申請が可能に 更新は2022年度中に

パスポートの新規発行や更新の手続きをオンラインでできるようにする改正旅券法が成立した。これまで、パスポートの新規発行や更新などの手続きは、都道府県の窓口などに出向いて申請する必要があったが、改正旅券法は、行政手続きのデジタル化の一環として、オンラインで申請できるようにし、利用者の利便性向上を図る。20日の参議院本会議で、全会一致で可決、成立したのを受け、政府は、2022年度中から順次、運用を開始したい考えで、戸籍謄本などの原本提出が必要な新規発行については、2024年度に全国でオンライン申請ができるようになる見通し。

東京とカナダ結ぶ路線の運航再開 4月28日にトロント線、6月4日にモントリオール線

航空会社のエア・カナダ(カナダ・ケベック州)はこのほど、直行便の東京(成田)-トロント線を4月28日に、東京(成田)-モントリオール線を6月4日に運航再開すると発表した。 再開する「成田-トロント」線と「成田-モントリオール」線は、ボーイング787ドリームライナーで運航の予定で、シグネチャークラス、プレミアムエコノミー、エコノミーの3クラス制となる。エア・カナダによると、これらの路線は、現在運航中の東京(成田)-バンクーバー便をカバーするもので、北米での乗り継ぎの選択肢がより充実するとしている。日本発の運行スケジュールは、「成田-トロント」線(便名AC0022)が4月28日~5月30日は毎週月・木・土曜日に運行。6月2日~9月25日は月・水・木・金・日曜日に運行。9月26日~10月2日は月・水・木・金・土・日曜日で、10月3~29日は毎日運行となる。 「成田-モントリオール」線(便名AC0006)は、6月4日~9月27日が毎週火・土曜日運行で、10月3~27日は月・木・土曜に運行する。

エア・カナダ航空券;https://www.aircanada.com

 

渡航情報(2022年5月17日)

航空会社 運航情報 & NEWS 2022年5月17日付

2022年5月の日本発着の国際線の運航再開・増便予定

【羽田空港】
2022年05月04日 羽田~台北/松山(週3便)チャイナエアライン運航再開予定

【成田空港】
2022年05月01日 成田~ヘルシンキ(週4便→週7便)フィンエアー増便予定
2022年05月01日 成田~チューリッヒ(週1便→週4便)スイスインターナショナルエアラインズ増便予定
2022年05月03日 成田~パリ(週4便→週5便)エールフランス航空増便予定
2022年05月04日 成田~ウィーン(週1便)オーストリア航空運航再開予定
2022年05月06日 成田~仁川(週1便)ティーウェイ航空運航再開予定
2022年05月06日 成田~ハノイ(週3便→週5便)ベトナム航空増便予定
2022年05月07日 成田~グアム(週7便→週8便)ユナイテッド航空増便予定
2022年05月07日 成田~仁川(週2便)チェジュ航空運航再開予定
2022年05月08日 成田~グアム(週8便→週9便)ユナイテッド航空増便予定
2022年05月08日 成田~仁川(週7便→週10便)大韓航空増便予定

【関西国際空港】
2022年05月05日 関西~仁川(週1便)ティーウェイ航空運航再開予定
2022年05月12日 関西~仁川(週5便→週7便)アシアナ航空増便予定
2022年05月21日 関西~ホーチミン(週3便→週5便)ベトジェットエア増便予定
2022年05月21日 関西~ハノイ(週3便→週5便)ベトジェットエア増便予定

【中部国際空港】
2022年05月25日 中部~仁川(週1便→週2便)アシアナ航空増便予定

 

 

各航空会社情報

日本航空最新情報

全日空最新情報

キャセイ航空サマ-スケジュ-ル

フィリピン航空 4月運航予定

エアカナダサマ-スケジュ-ルについて

トルコ航空 南アジアの接続スケジュ-ルについて

カタ-ル航空 ドーハ-シャルム・エル・シェイク線開設について

フィンランド航空 サマ-スケジュ-ルについて

ルフトハンザ航空運航計画

シンガポール航空 1月お乗り継ぎのご案内  

ベトナム航空サマ-スケジュ-ル      3月15日VN ベトナム入国規定に関して

大韓航空 日韓線・ハワイ線 5月スケジュ-ル

エアチャイナ最新ニュ-ス

 

当社は業種の企業様、各種団体様の海外出張をサポートしております。

取引先様の業種例

鉄鋼品製造業 化学品製造業 機械・部品製造業 医薬・化粧品製造業 家具・照明製造業 繊維・アパレル業 農業全般 運輸・通信業 食料品製造・小売業 飲食業 IT・情報処理業 資源・エネルギー 外国人研修生組合 等々

ワンストップサービス

出張手配・送迎その他手配の負担軽減

海外出張に関わる一連の手配をワンストップで承り、出張者様、出張管理者様の業務効率化をお手伝いいたします。貴社の課題、お困り事に対して最適なご提案いたします。

迅速かつ柔軟な対応

お客様を熟知した専門の担当者が承りますので、ストレス無くお話しいただけます。海外出張手配のスペシャリストとして、ご出張が滞り無く進められるよう、的確なスケジュール提案を行います。緊急時の手配や各種ご要望にも柔軟に対応いたします。

査証取得サポート

豊富な経験・実績を持ったプロフェッショナル

当社には長年に渡り世界各国の査証取得を代行してきた強みと、業務、駐在をはじめとする様々な査証についての経験があります。申請時の必要書類や書き方、最新の大使館情報提供など、取得まで幅広くサポートいたします。

中国ビザご案内

中国ビザ申請用紙(名古屋用)    オンライン必須項目      招聘状サンプル

2022年2月28日より渡航前検査及び健康コード申請の最新措置について

ホテル手配

目的・エリア・予算に応じて最適なホテルをご提案

大手ホテルチェーンからローカルホテルまで、世界約10万軒以上のご予約が可能です。ご指定ホテルの手配はもちろん、弊社の経験に基づいた施設紹介もさせていただきます。ご宿泊者様の各種要望をお伺いし、ホテル側へリクエストいたします。精算においてはバウチャ-、予約確認書をお渡しします。

その他、各種付帯サービス手配

ご要望に応じて必要な手配を行います

弊社でWiFiをご予約いただくと、通信コストが削減できるだけでなく、クレジットカードでの立て替えも不要になります。

詳細はこちらから

~ ビジネス渡航(海外赴任)時のPCR検査基本情報 ~

PCR検査 自費検査 始めました

1)観光以外の目的の海外渡航である方。

2)勤務先または団体からの依頼状をご用意ください。

3)有効期限内のパスポートを所持、ご持参ください。

4)渡航国に応じて別途書類が必要な場合は、ご持参ください。詳細は、外務省、大使館のホームページでご確認ください。

※現時点での情報となり、今後変更となる場合もありますので、ご来院前に医療機関へご確認ください。  ※ 愛知県内民間病院※念のために各施設ご確認下さい。

~ビジネス渡航者のPCR検査WEB予約について~

経済産業省は、2020年10月1日(木曜日)から、海外渡航者新型コロナウイルス検査センター(TeCOT)の運用を開始しています。今までは海外渡航者が独自で新型コロナPCR検査を直接医院に予約していましたが、海外渡航者がTeCOTを通じて新型コロナPCR検査を受けられる医院を検索して直接予約ができます。
TeCOT(海外渡航者新型コロナウイルス検査センター)はこちら

その他、現地手配(鉄道、送迎、レンタカー、通訳など)や海外旅行傷害保険についてもご相談ください。

業務渡航

当社は業種の企業様、官公庁様、各種団体様の海外出張をサポートしております。

取引先様の業種例

鉄鋼品製造業 化学品製造業 機械・部品製造業 医薬・化粧品製造業 家具・照明製造業 繊維・アパレル業 金融業

運輸・通信業 食料品製造・小売業 飲食業 IT・情報処理業 資源・エネルギー 外国人研修生組合 等々

ワンストップサービス

出張手配・送迎その他手配の負担軽減

海外出張に関わる一連の手配をワンストップで承り、出張者様、出張管理者様の業務効率化をお手伝いいたします。

・貴社の課題、お困り事に対して最適なご提案いたします。

迅速かつ柔軟な対応

・お客様を熟知した専門の担当者が承りますので、ストレス無くお話しいただけます。

・海外出張手配のスペシャリストとして、ご出張が滞り無く進められるよう、的確なスケジュール提案を行います。

・緊急時の手配や各種ご要望にも柔軟に対応いたします。

査証取得サポート

豊富な経験・実績を持ったプロフェッショナル

・当社には長年に渡り世界各国の査証取得を代行してきた強みと、業務、駐在をはじめとする様々な査証についての経験があります。

・申請時の必要書類や書き方、最新の大使館情報提供など、取得まで幅広くサポートいたします。

ホテル手配

目的・エリア・予算に応じて最適なホテルをご提案

・大手ホテルチェーンからローカルホテルまで、世界約10万軒以上のご予約が可能です。ご指定ホテルの手配はもちろん、弊社の経験に基づいた施設紹介もさせていただきます。

・ご宿泊者様の各種要望をお伺いし、ホテル側へリクエストいたします。

・精算においてはバウチャ-、予約確認書をお渡しします。

その他、各種付帯サービス手配

ご要望に応じて必要な手配を行います

・弊社でWiFiをご予約いただくと、通信コストが削減できるだけでなく、クレジットカードでの立て替えも不要になります(請求書にて精算可能)。

詳細はこちらから

・その他、現地手配(鉄道、送迎、レンタカー、通訳など)や海外旅行傷害保険についてもご相談ください。

最適なコスト削減提案

出張コストの最適化

・利用航空会社、航空券の発券・変更条件、運賃クラスなど、様々なコスト削減策を組み合わせて、最適なプランをご提案いたします。

・単純な価格比較だけでは真のコストダウンにはつながらない場合があります。企業様のご要望に応じて「抜本的なコスト削減の実現」をお手伝いいたしますの

で、まずはご相談ください。

危機管理システム

リスクマネジメントの必要性

万が一にも「頼れるパートナー」として

・有事の際にも、出張者様、出張管理者様と連携し、ご帰国までサポートいたします。

・外務省の海外安全情報配信サービス「たびレジ」の連携により、危険情報等の配信が可能です。

グローバル時代に注目される危機管理システム

・「出張者安否確認システム(GPS)」、「緊急時国外退避手配」など、企業様の必要に応じた危機管理システムの紹介もしております。

お客様の声

提案力

フライトスケジュール検索や旅程作成は手間だし限界もあるが、予算内で効率的なプランを複数提案していただけました。

業務渡航の専門性

個人で手配していた時は査証や入国規定の情報が乏しく不安を感じていたが、いつも最新の案内や情報を提供していただき助かりました。

豊富な知識

以前は駐在査証取得時に何度も書類を提出したことがあったが、迅速かつ的確な対応でストレス無く対応して頂けました。

緊急時の対応

搭乗予定のフライトが欠航になり困っていたところ、代替航空券の手配をしてくれたので、帰国できて助かりました。

お問い合わせ

 

copyright シンエイトラベル株式会社