セントレ情報

全日空国内線運航予定最新

日本航空国内線運航予定最新

中部国際空港

駐車場予約

国際線運航再開のお知らせ

免税店公式予約サイト

20.12.20最新情報

その他海外情報

水際対策強化に係る新たな措置について(オミクロン株に対する水際措置の強化)

新型コロナウイルス感染症の拡大防止に係る上陸拒否等について(出入国在留庁)

ワクチン証明書について      接種証明書に関する Q&A

「ワクチン接種証明」はマイナンバーで申請 事業者向けAPIも提供(デジタル庁)

ルフトハンザ航空最新情報

シンガポ-ル航空乗り継ぎについて

11.30  フィリピン入国における検疫について

エールフランス航空KLMオランダ航空をご利用の方へ

新東京国際空港

羽田空港

関西空港

福岡空港

タイ国観光入国について

EUデジタル証明について

 

運航計画情報

  1. 日本航空最新情報
  2. 日本航空 年末年始ホノルル線臨時便運航のご案内
  3. 全日空最新情報
  4. チャイナエアライン 11月、12月運航予定
  5. チャイナエアライン 1月から3月月運航予定     1月~3月静岡・富山運休のお知らせ
  6. フィリピン航空 12月運航予定
  7. エアカナダ冬期スケジュ-ルについて
  8. トルコ航空 南アジアの接続スケジュ-ルについて
  9. 大韓航空 12月の運行スケジュ-ル
  10. カタ-ル航空 ドーハ-シャルム・エル・シェイク線開設について
  11. フィンランド航空 今後のスケジュ-ルについて
  12. タイ国際空港 中部空港からの定期便再開について
  13. ルフトハンザ航空運航計画
  14. キャセイ航空運航予定 

航空会社情報

各航空会社ロゴをクリック頂ければ、公式HPをご覧いただけます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

各種割引、その他情報

新型コロナウイルス感染症(COVID-19) 拡大の影響により旅行需要が落ち込んでいる中、地域的な感染の拡がりを抑制しつつ、ステージⅡ相当以下とする都道府県において、当該都道府県が実施する旅行商品や宿泊サービスに対する割引及び地域限定で旅行期間中に使用可能なクーポン券等の付与のために必要な費用を支援する事業【地域観光支援事業】

案内用チラシ         キャンペ-ンチラシ

県内でご利用いただける加盟飲食店リスト → ご予約の場合はお知らせください

 

愛知県では、令和2年度より新型コロナウイルス感染症により深刻な影響を受けた観光関連事業者を支援するため、県民に対して、県内旅行を呼びかける「LOVEあいちキャンペーン」を実施します。LOVEあいちキャンペーンは、 新型コロナウイルス感染症に伴う観光客の減少により、愛知県の観光産業を支援するため、近隣県の県民を誘客することを目的とする割引キャンペーンです。 旅行会社の旅行商品に申し込むことで、 旅行代金が半額(上限10,000円) になるキャンペーンです。 こちらパターンは残念ながら、 GoToトラベルとの併用ができません が、50%割引とあって、かなりお得に旅行の申し込みができます。愛知県内在住の方への観光需要喚起事業で2021年12月31日までとしています。旅行商品に対して愛知県が最高5,000円の助成するものです。

 

現在、GOTOトラベル事業の適用が一時停止されています。 それに伴い、事業開始まで地域共通クーポン(紙・電子共) の利用(受取)ができませんので、宜しくお願いいたします。 再開については運用方法を現在検討中であります。現在、「緊急事態宣言が解除されましたが、、事業再開 に向けて検討中」と発表がありました。10/11 各方面において社会実験を11月までにおいて行っておりますので、その後、報告があると思われます。

GoTo再開案 <正式には発表されていません>
・補助金上限は 1 人 1 万 3,000 円に引き下げの方向で調整(11/14)
・地域共通クーポンは、平日 3,000 円、休日 1,000 円とする方向(11/14)
・GoToトラベル 2 月再開を検討へ(11/12)
・斉藤国交相 2022 年 1 月の再開方針報道について「方針決めてない」(11/12)
・11 月 19 日に策定予定の経済対策に「GoTo再開」明記へ(11/7)

 

 

新しい旅のエチケット

動画版

新しい旅のルール

分散型旅行について

 

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: tate_navy.png

 

 

 

 

各種ガイドライン

  1. 業種別ガイドライン
  2. 貸切バスにおけるガイドライン
  3. 宿泊業におけるガイドライン
  4. MICE開催のためのガイドライン

 

21.11.22改定ガイドライン

旅行業における新型コロナウイルス対応ガイドライン

貸切バスにおける新型コロナウイルス対応ガイドライン

旅行関連業における新型コロナウイルス対応ガイドラインに基づく国内修学旅行の手引き

旅行業における新型コロナワクチン接種証明の利用に関するガイドライン

旅行業・宿泊業におけるワクチン・検査パッケージ運用ガイドライン

 

各種割引について

新型コロナウイルス感染症(COVID-19) 拡大の影響により旅行需要が落ち込んでいる中、地域的な感染の拡がりを抑制しつつ、ステージⅡ相当以下とする都道府県において、当該都道府県が実施する旅行商品や宿泊サービスに対する割引及び地域限定で旅行期間中に使用可能なクーポン券等の付与のために必要な費用を支援する事業【地域観光支援事業】

案内用チラシ         キャンペ-ンチラシ

 

愛知県では、令和2年度より新型コロナウイルス感染症により深刻な影響を受けた観光関連事業者を支援するため、県民に対して、県内旅行を呼びかける「LOVEあいちキャンペーン」を実施します。LOVEあいちキャンペーンは、 新型コロナウイルス感染症に伴う観光客の減少により、愛知県の観光産業を支援するため、近隣県の県民を誘客することを目的とする割引キャンペーンです。 旅行会社の旅行商品に申し込むことで、 旅行代金が半額(上限10,000円) になるキャンペーンです。 こちらパターンは残念ながら、 GoToトラベルとの併用ができません が、50%割引とあって、かなりお得に旅行の申し込みができます。愛知県内在住の方への観光需要喚起事業で2021年12月31日までとしています。旅行商品に対して愛知県が最高5,000円の助成をする内容ですが事業開始はまだ、決まっていません。

 

現在、GOTOトラベル事業の適用が一時停止されています。 それに伴い、事業開始まで地域共通クーポン(紙・電子共) の利用(受取)ができませんので、宜しくお願いいたします。 再開については運用方法を現在検討中であります。10月現在、「緊急事態宣言が解除されましたが、、事業再開 に向けて検討中」と発表がありました。

新しい旅のエチケット

動画版

新しい旅のルール

分散型旅行について

 

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: tate_navy.png

最新ニュース

11/8以降の水際対策の緩和について                              原則禁止していた外国人の新規入国に関して、11月8日からビジネス目的の短期滞在や留学生、技能実習生を対象に認めるとのことです。条件として受け入れ企業や団体による入国者の行動管理をあげています。短期ビジネス目的の入国者については、ワクチン接種済みを条件に入国後の待機期間を原則3日間に短縮する方針を固めました。具体的には、待機期間を3日間とした上で、4日目以降は陰性が確認され、企業による行動管理などを条件に公共交通機関の利用や会食などの外出を認めるとしています。
原則停止していた外国人の新規入国については、ビジネス目的の短期滞在や留学生、技能実習生を対象に認められます。
また、今年1月に海外での変異ウイルス流行などを受けて入国制限を強化しました。現在はいったん入国したことがある人や、日本人配偶者がいるなど「特段の事情」がある外国人に来日を限っている状況で、新規入国は原則認めていません。また、1日あたり3,500人としている入国者の上限について、政府は今月下旬から5,000人に引き上げる方針とのことです。

GoToトラベルについて                                   再開日は正式に決まっていませんが、国は 2021 年 12 月まで「県民割」(地域観光事業支援)で観光業を支援する方針を打ち出しています。 また、岸田首相は、10 月 11 日放送のワールドビジネスサテライトの中で、GoToトラベルの年内再開に慎重姿勢を示しており、2021 年内再開の可能性は遠のいています。

GoTo再開案
・補助金上限は 1 人 1 万 3,000 円に引き下げの方向で調整(11/14)
・地域共通クーポンは、平日 3,000 円、休日 1,000 円とする方向(11/14)
・GoToトラベル 2 月再開を検討へ(11/12)
・斉藤国交相 2022 年 1 月の再開方針報道について「方針決めてない」(11/12)
・11 月 19 日に策定予定の経済対策に「GoTo再開」明記へ(11/7)

 

 

新型コロナウイルス感染対策

日本旅行業協会・全国旅行業協会が策定した旅行業における新型コロナウイルス対応ガイドライン(第3 版・2021 年11 月 22 日)を遵守し、お客さまに安全に旅行申し込み頂けるように取り組んでいます。また、安全に旅行を提供できるようにしています。来店における旅行相談をご希望の方は事前に予約頂ければ幸いでございます。

旅行に参加するお客様へのお願い

同居家族や身近な知人に感染が疑われる方がいる場合、過去 14 日以内に政府から入国制限または入国後の観察期間を必要とされている国・ 地域への渡航または在住者との濃厚接触がある場合は、ツアーの参加をご遠慮頂くようお願いします。安全にご参加頂くため、ツアー参加前に健康アンケートを実施させて頂きますのでご提出をお願いします。 また、クラスター発生時において迅速に対応するため、必要な個人情報の提供をお願いします。

健康チェックシ-トについて

・ガイド付き団体旅行の場合は、ガイドが毎朝、非接触型体温計にてお客様の体温を測らせて頂きます。 ガイドが付かない旅行の場合は、参加前にご自身で検温を実施ください。

・37.5度以上の熱がある、咳が出る、喉が痛いなどの症状があり体調の悪い方は参加をご遠慮ください。 また、お客様の健康状態が芳しくないとガイドが判断した場合にも、参加の自粛を要請させて頂く場合がございます。

・ご自身の体調管理、マスク着用・手洗い・定期的な手指の消毒、咳エチケット等に努めて頂きますようお願いします。

・ツアー中は、他のお客様やガイド等とのソーシャルディスタンスの確保にご協力頂き、大きな声での会話はお控えください。

・その他、感染防止のために当社やガイドが決定した措置について、指示に従って頂くようお願いします。

・ツアー終了後、2週間以内に新型コロナウイルス感染症を発症した場合は、当社まで速やかにご報告をお願いをしております。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: logo.png

当社が取り組む新型コロナウイルス感染防止対策

愛知県安全宣言登録     豊橋市新型コロナ通知システム 

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-4.png

  • お客様と旅行会社のスタッフ、来店されたお客様同士との接触をできるだけ避け、対人距離を1m(基本2m)確保できるようにする 例:アクリル板、透明ビニールカーテンなどを設置するなど
  • 来店人数の調整(密にならないよう予約制にするなど)
  • 会社の店舗に手指消毒設備を設置
  • スタッフはマスク(もしくはフェイスシールド)を着用し、来店するお客様にもマスク着用をお願いする
  • 店舗内の換気につとめる
  • 店舗内の定期的な消毒
  • お客様へ旅行時の感染予防策のお願いと方法を周知する
    ※スタッフに対する新型コロナウイルス感染症対策
    • 健康管理の徹底(出勤前に体温や症状のチェック、具合が悪い場合は自宅待機)し、添乗業務や派遣社員等の健康管理も同様に行う
    • 新型コロナウイルス感染症陽性者と濃厚接触がわかった場合は自宅待機、保健所や医師への相談を指示する
    • 人との接触を低減するため、テレワーク(在宅勤務)や時差出勤を取り入れる
    • 公共交通機関を利用して出勤する場合は、マスク着用と私語を慎むようにする
    • 勤務中は定期的な手洗い、うがい、手指の消毒を行う
    • スタッフのデスク配置やお客様との対面距離を1m(基本2m)確保できるよう工夫
    • お客様の来店そのものを低減できるように工夫(電話、オンライン販売、デジタルパンフレットの送付、オンライン決済などを推奨)
    不特定多数の人が触れる場所(ドアノブや階段の手すりなど)、利用する場所(トイレなど)の清掃や消毒を徹底すること。
    ハンドドライヤーや共通タオルを使用停止、常時換気扇をオンにするなどがガイドラインを遵守しています。
    個人で手配するよりも、弊社を通じてお願いした方が安心。常に現地の状況をチェックし、適切に旅行が楽しめるよう管理していきます。
    手配旅行の場合(交通や宿泊を個別に手配)
    旅館・ホテルや交通機関などが適切な感染防止対策をとっているかどうかは、お客様自身で確認する必要があります。旅行を予定しているエリアで感染拡大が懸念される場合、旅行会社側から旅行実施の是非を検討するように旅行を予定しているエリアで感染拡大が懸念される場合、旅行会社側から旅行実施の是非を検討するように助言させて頂く場合も場合もございます。
    フリープランやパッケージツアー(募集型企画旅行)の場合
    旅行会社が企画したパッケージツアーや宿と交通手段をセットにしたフリープラン旅行会社が企画したパッケージツアーや宿と交通手段をセットにしたフリープランなどは、旅行会などは、旅行会社側で旅程を管理し、安全確認を行いま社側で旅程を管理し、安全確認を行いますす。。日帰りのバスツアーなども同様です。日帰りのバスツアーなども同様です。
    旅程管理は以下のような点に留意して行われます。
    • 三密リスクを下げる旅程管理 例:観光地で「密」の状態をつくらないよう、ガイドレシーバー等(希望に応じて)を利用したガイドを行うなど
    • 食事中の飛沫感染予防や感染リスクを下げる対策 例:ビュッフェスタイルではなく一人ずつのお弁当にする、椅子を間引いて距離を確保するなど
    • 添乗員やバスガイドなどがつかない場合は、宿泊先や食事場所の事業者と協力して管理する
    • 出発前にお客様の体調確認(体温、体調チェック)を行い、発熱や感染が疑われる症状を持つ場合は、参加を遠慮していただく
    • 旅行中に体調不良を起こした場合はツアーから離脱してもらい、他のお客様の感染防止対応、最寄りの保健所・医療機関を相談、受診できるように準備する
    • 旅行中に手洗いやうがい、休憩できるようスケジュールを組む
    • 旅行中はお客様へマスク着用をお願いする
    団体旅行(受注型企画旅行)の場合
    大人数が同時に移動する団体旅行の場合、、人数や要望に合わせて人数や要望に合わせて企画企画提案提案すするるオリジナルプラン<受オリジナルプラン(受注型企画旅行注型企画旅行)>になります。
    この場合、感染状況に応じたおすすめの行き先を提案。旅館・ホテルなどの宿泊先や観光地、食事場所、体験アクティビティなどについても事前に適切な感染防止対策がなされているかどうかを確認します。また、感染拡大などが懸念される状況になり、旅行の安全・円滑な実施が困難になった場合は、旅行実施を中止。旅行中であっても中止して引き返すなどの措置が取られます。(標準旅行業約款募集型企画旅行契約の部 第 17、18 条 旅行実施判断より)。現地での旅程管理は、パッケージツアー同様且つ、現地での旅程管理は、パッケージツアー同様しっかり、管理していきます。