MY SOSについて(海外からの帰国)

ワクチン3回接種が条件のもと、9月7日から日本入国時の陰性証明が不要になることが発表されました。入国緩和におけるアプリが更新されました。

厚生労働省・入国者健康確認センターからのお知らせ

9月7日午前0時より適用となる日本入国時の検疫措置

なお、上記措置にかかわらず、検疫所から入国時検査の実施や入国後の自宅等での待機等について別途指示があった場合は、その指示に従う必要があります。検査結果が陽性の場合は、検疫所長の指示に従い、検疫所長の指定する宿泊療養施設等での療養が必要になります。この場合、待機期間の短縮等はできません。

My SOSとは?ファストトラック利用とは?

「ファストトラック」を利用することで、入国時の手続を簡略化できます。

ファストトラックの利用には「MySOS Web」または「MySOS」アプリによる事前の登録が必要です。入国前の滞在地と3回目のワクチン接種の有無により、検疫措置が変わるため、まずはあなたに適用される検疫措置をご確認ください。
※有効なワクチン接種証明書を保持していない全ての帰国者・入国者については出国前72時間以内に受けた検査証明書の提出が必要です。
※ワクチン接種を「あり」とできるのは、日本政府が定めたワクチンを接種している場合に限ります。

有効とされるワクチンの種類は以下の通り。

  • コミナティ(Comirnaty)筋注/ファイザー
  • スパイクバックス(Spikevax)筋注/モデルナ
  • バキスゼブリア(Vaxzevria)筋注/アストラゼネカ
  • ジェコビデン(JCOVDEN)筋注/ヤンセン
  • COVAXIN/バーラト・バイオテック
  • ヌバキソビッド(Nuvaxovid)筋注/ノババックス

中国で普及している「コミナティ(COMIRNATY)」(復星医薬/ビオンテック社が製造)や、インドで普及している「コビシールド(Covishield)」、「コボバックス(COVOVAX)」(どちらもインド血清研究所が製造)については、それぞれ「コミナティ」、「バキスゼブリア」、「ヌバキソビッド」と同一のものとして扱うという。1〜3回目にかけて、異なる種類のワクチンを接種している場合も有効だ。ただし、上記以外のワクチンの場合、接種証明書が認められない。

*ファストトラックについての重要なお知らせ
2022年9月7日0時(日本時間)から適用の制度変更に伴い、MySOS WebまたはMySOS アプリでの検疫手続事前登録の際には、「ワクチン接種証明書」または「出国前72時間以内の検査証明書」のいずれかの証明書の登録をし、審査完了になると、順次画面が緑色または青色に変わるようになります。
(※この変更は9月7日0時頃(日本時間)のシステム切替以降に、入国予定日の近い方から順次反映されます)
<9月7日0時頃(日本時間)のシステム切替のタイミングで審査中の方へ>​
システム切り替え前のタイミングで、ワクチン接種証明書の登録をし審査が完了して黄色画面となっている場合は、「出国前72時間以内の検査証明書」の審査中または差戻の状態でも、システム切替後には「審査完了」になり、画面の色が緑色または青色になります。
(※この反映は、入国予定日の近い方から順に行われますので、黄色の画面から緑色または青色の画面に切り替わるまでに時間を要する場合がありますが(最大2日程度)、入国までには完了致しますので安心してお待ちください。)

ここでの説明はワクチン3回接種の方においての説明を基本としていますので、それ以外の方は陰性証明が必要となりますので方法も異なりますことをご了承ください。

このページは入国において参考のために作成していますので、公式サイトで必ずご確認をお願い致します。

これまではワクチン接種証明書のほかに陰性証明も求められていたため、9月6日にMy SOSに登録した方はは書類不備を示す黄色の画面になっていたが、7日朝には登録完了の青色の画面に変わっていた。ちなみに、ワクチン3回接種が完了していない場合は、現地出国前72時間以内の検査証明書を用意すれば、接種完了者と同じ扱いとなり青色の画面になります。

提示が必要なものは掲示や係員が声掛けで都度案内されています。(入国時)

アプリインストールのために必要なOSバージョンは、iPhone端末でiOS 13.5以上、Android端末でAndroid 6.0以上となります。

MySOSバージョンアップ 「App Store」をタップ 右上のアイコンを 「購入済み」をタップ タップ MySOSの「アップデート」 をタップ 33 「Play ストア」をタップ 右上のアイコンを タップ 「マイアプリ&ゲーム」 をタップ MySOS横の「更新」 をタップ

「My SOS」とは日本の厚生労働省が作った、健康居所確認アプリの名前です。日本に帰国・入国した人が、待機期間中の現在の位置確認、健康状態報告、入国者健康確認センターがビデオ通話を行い現在地を確認するなどの用途で使われます。

スマ-トフォンでお待ちでない方は検疫手続きの際にスマートフォンをレンタルしていただきます(有料) → 検疫エリア内でのレンタルを実施している事業者(2022年6月20日時点)
株式会社ビジョン 

そのMy SOSのアプリ上で、日本到着6時間前までに必要書類や必要情報を事前登録・審査をクリアしておくことで、日本到着後、検疫にかかる時間が短くなるシステムが「ファストトラック」です。日本の主要空港で使用できます。

ファストトラック登録には以下の4つのセクションに分かれています。※9月1日現在、青色黄色赤色と区分けされましたので、それぞれにより必要書類が異なります。グル-プわけにおいては随時情報が更新されますので、各自当該国においては確認が必要でございます。

水際対策新制度(6 月1 日開始)に基づく国・地域の指定について 9月2日更新版

最も感染リスクの低いグループの国と地域(青色)

22年9月2日現在、ワクチン接種の有無に関係なく、日本入国時の検査や自宅などでの自主待機を免除するグループです。

2番目に感染リスクの低いグループの国と地域(黄色)

22年9月2日現在、3回目のワクチン接種完了を条件に、入国時の検査を免除。自主待機を免除するグループです。

最も感染リスクが高いグループの国と地域(赤色)

22年9月2日現在も入国時の検査を実施。検疫所が確保する宿泊施設での3日間の隔離に近い待機を求め、入国後3日目に検疫所が確保する宿泊施設で受けた検査(PCR検査)の結果が陰性であれば、検疫所が確保する宿泊施設退所後の自宅等待機を免除。
3度目のワクチン接種を完了している場合も、入国時の検査が必要ですが、宿泊施設での待機の代わりに、原則7日間の自宅等での自主待機。入国後3日目以降に自主的に受けた検査(PCR検査または抗原定量検査)の陰性の結果を厚生労働省に届け出た場合のみ厚生労働省の確認後、自宅等待機の継続を求めません。

欧州:アルバニア
中東・アフリカ:シエラレオネ

1.質問票WEB
2.誓約書   
3.ワクチン接種証明書 

質問票WEBと誓約書はアプリ上で求められる必要情報を登録していく形です。
そして、ワクチン接種証明書と検査証明書に関しては、ご自身で取得した証明書の写真なども併せてアップロードする必要があります。

質問票WEBと誓約書は渡航日程や飛行機のフライト情報、滞在先など必要情報が揃えば記入を始めることが可能なので早めに済ませておくことをお勧めします。またパスポート情報やフライト情報など必要なものを確認して、お手元にそろえてからスタートすれば登録がスムーズです!

質問票WEBの登録完了をさせないと、誓約書の登録に進むことができないので気をつけましょう。

また、これらの情報を登録する際にはインターネットが使える環境である必要があります。

「My SOS」アプリのダウンロード

まずは無料アプリ「My SOS」をご自身のスマートフォンにインストールします。
インストールはこちらから。
iPhoneのインストール方法はこちら>>
Androidのインストール方法はこちら>>

1. はじめに

MY SOS・ファストトラック登録に必要なもの

・パスポート情報
・ワクチン接種証明書(有効なワクチンを未接種、未完了の場合は陰性証明書)
・フライト情報
・スマートフォンorパソコン

MY SOS・ファストトb>ラック登録に必要なもの
*有効なワクチンを未接種、未完了の場合は陰性証明書

手続きのタイミング

日本入国予定日から2週間以内 ~ 搭乗便到着予定日時6時間前まで

2. アカウント登録

【MY SOS・ファストトラックのサイトへアクセス】

https://mysos.allm-team.net/fasttrack/signup/

【MY SOS・ファストトラック トップ画面】
MY SOS・ファストトラック トップ画面
*左上に「検疫および入国者健康確認対象者 専用」の記載があるかを確認

【メールアドレスを登録】
MY SOS・ファストトラック メールアドレス登録
*トップ画面から下にスクロールするとメールアドレス登録の入力フォームがあります。

【受付完了メールを受信】
MY SOS・ファストトラック 受付完了メール
*メールアドレスを入力・送信した後、登録したメールアドレスに受付完了メールが届きます。

【MY SOS ファストトラック画面へ遷移】
MY SOS・ファストトラック アカウント画面
*受付完了メールからURLをクリックするとアカウント画面へ遷移します。

3. パスポート情報登録

【アカウント画面からパスポート情報をクリック】
パスポート情報登録

【パスポート情報を登録】
MY SOS・ファストトラック パスポート情報登録
国籍・パスポート番号・生年月日・姓名を登録します。姓名はパスポートの記載内容と相違がないよう注意しましょう。

【登録内容を確認】
MY SOS・ファストトラック パスポート情報登録内容確認
最後に入力内容を確認し、「はい」をクリックし、手続き完了です。

4. 質問票WEB(検疫手続事前登録)

【アカウント画面から検疫手続事前登録をクリック】
検疫手続事前登録

【質問票への回答画面へ遷移】
検疫手続事前登録 質問票
*実際の画面にはパスポート情報が反映されています。

検疫手続事前登録 質問票 次へ

質問票の回答内容にフライト情報が含まれます。事前にEチケットなどフライトの情報が記載されている書類を準備しましょう。

【質問票回答】
質問票回答受付画面
入国者情報、日本滞在情報、流行地域滞在情報、体調情報、フォローアップの順で質問に回答していきます。

【質問内容】
質問内容
質問内の「*」印は回答必須項目になります。国外在住者向けなど該当しない方は空欄のまま回答を進めることが可能です。

【回答入力確認】
回答入力確認
オレンジ色の箇所は空欄など誤りがある項目になります。該当箇所をクリックし、修正しましょう。

【登録済を確認】
登録済を確認
質問の回答が完了すると検疫手続事前登録画面へ遷移します。画面をスクロールするとQRコードが発行されており、質問票WEBの項目が「登録済み」となっているか確認しましょう。

5. 誓約書(検疫手続事前登録)

【検疫手続事前登録画面から誓約書をクリック】
誓約書をクリック

【誓約書の内容を確認・同意】
誓約書内容を確認し、同意する
「同意する」をチェックし、「次へ」ボタンを押し、手続き完了となります。

【登録済を確認】
登録済を確認
手続きが完了すると誓約書が「登録済み」となります。

6. ワクチン接種証明書(検疫手続事前登録)

【検疫手続事前登録画面からワクチン接種証明書をクリック】
ワクチン接種証明書をクリック

【質問に回答】
ワクチン接種証明書の登録1
ワクチン接種証明書の登録2
ワクチン接種証明書の登録3
ワクチン接種証明書の登録4

ワクチン接種証明書は3回分の接種が分かる証明書をアップロードしてください。
日本で有効なワクチン接種証明書となるため、ワクチンパスポートではなく、市区町村など地方自治体発行のワクチン接種証明書でも問題ありません。

【審査中を確認】
審査中を確認
9月10日現在、おおよそ2時間ほどで審査が完了しています。

7. まとめ

ファストトラックの登録が完了するとのMY SOSのトップ画面の色が変化します。

・青色 ➡ ファストトラックの登録完了、空港検査と待機なし
・緑色 ➡ ファストトラックの登録完了、空港検査と待機あり
・黄色 ➡ ワクチン接種証明書の事前登録なし(or 審査中)、空港での検査証明の提出あり
・赤色 ➡ 差し戻し・事前登録が完了していません

ワクチンの接種状況のほか滞在国・地域により区分が分かれていますので、海外渡航時には必ず最新情報をご確認ください。

★ワクチン証明書が取り込めない方は持参して検疫所へ進んでも大丈夫であったと報告がありました

<9月7日以降に弊社に寄せられた報告です> 係官の人が青いカードを配っています。これは「MySOS」の表示が「青」になっていることを見せるともらえるカードで、その先にある青とそれ以外(黄と赤)が別れるポイントで、青い列に並ぶために必要となる。カードを持って入国審査場の手前に来ると、そこに設置されている検疫のための臨時ブースへ並ぶ。やることは2つ。1つはパスポートを係官の人に渡すことで、もう1つはファストトラックで表示される「QRコード」をリーダーに読み込ませること。「この用紙を入国審査官にお見せください」と書かれた青い用紙で、これを見せないと入国審査のところに進ませてもらえない。もう1枚は健康カード(厚生労働省からのお知らせなどが書かれた紙)。これまでも(コロナ以降は)入国時に渡されていた書類です。その2枚をもらってゲートにいる係の人に見せると、顔認証ゲートを通過し、入国となる。「税関アプリ」上であらかじめ済ませておいた関税申告のQRコードをかざし、問題がなければそれで税関検査も終了。飛行機を降りてから到着ロビーまでにかかった時間は約10分程度であったとのことです。飛行機が着陸した時間から数えても約20分。もちろん同時に到着したフライトにもよりますが、検疫検査も入国審査も税関も並ばずに済んだとのことです。1月に海外から帰国した報告によると隔離所まで8時間かかり、3月に隔離が廃止されてすぐの時期に帰国したときには抗原検査の終了待ちなどで1時間30分であったので、今回の緩和ではかなり短縮されたとのことです。政府が定める有効なワクチン接種を3回終えていることが条件ですが、「出国前72時間以内の検査証明書」の提示がなくなったことで、帰国時の大きなハードルは一挙に下がりました。この検査証明書を得るために、100ドル(約1万4000円)~数100ドル(数万円)単位のコストがかかっていたこと、そして検査のために遠方のクリニックまで行かなければならないという時間や手間が取っ払われたことで、日本人が海外に行っても帰国しやすくなったことは間違いないです中国や台湾、香港など、未だ入国時の隔離などを行なっている地域に渡航するのは依然として難しいですが、欧米や東南アジアなどこれまでの制限を撤廃している国は増えつつあります。年末には海外で過ごしてみよう、海外にいるビジネスパートナーと対面でミーティングしようと、具体的な渡航計画を立てられる段階に近づいていると思います。

検疫ファストトラック連携のご案内

検疫ファストトラック連携を利用すると、Visit Japan Webの登録をスムーズにできます。検疫ファストトラック連携をご利用いただく場合には、Visit Japan Webより先に検疫ファストトラックをご利用ください。

アプリの色が緑色に変われば無事、ファストトラック利用可能!

登録が完了し、全ての審査も完了すると、黄色であったアプリの色が「緑色」に変わります。
この緑色の画面を入国の際に提示すれば、諸々の書類をその場で見せなくとも通過することができます。

※入出出国の手続きなどは随時変更される可能性があります。
最新の情報は必ず航空会社や空港、外務省などのHPを参照してください。

MySOSアプリの不具合などについては厚生労働省・検疫所が管轄する「入国者健康確認センター」が運営しています。不具合などが発生した場合は、直接センターへお問い合わせがよいです。

  • ホームページアドレス:https://www.hco.mhlw.go.jp/
  • 連絡先電話番号: 03-6757-1038 (日本語及び英語での対応)
  • 営業時間: 09:00~18:00
  • よくある質問専用サイト:https://www.hco.mhlw.go.jp/faq/jp.php
  • 問い合わせメールアドレス:followup@hco.mhlw.go.jp

待機期間中に必要な対応については以下のリンクをご参照ください。
[08] MySOSのトップ画面の確認
[09] 待機場所登録と毎日の現在地報告
[10] 毎日の健康状態報告
[11-1] MySOSのビデオ通話応答(AI) iPhone
[11-1] MySOSのビデオ通話応答(AI) Android
[11-2] MySOSのビデオ通話応答(オペレーター) iPhone
[11-2] MySOSのビデオ通話応答(オペレーター) Android
[12] MySOSのバージョンアップ iPhone
[12] MySOSのバージョンアップ Android

ファストトラックに関する情報はこちらも一緒にご覧ください
ファストトラックマニュアル

待機解除のための陰性証明届け出について

copyright シンエイトラベル株式会社