渡航情報

ワクチン3回接種が条件のもと、9月7日から日本入国時の陰性証明が不要になることを発表、日本の水際対策緩和は10月11日より、入国者数上限撤廃とビザなし自由旅行解禁も発表した。

11月現在中部空港運行状況

 フィリピン航空PR437/438

■運航ダイヤ
PR437 セントレア  12:20  → マニラ            15:55 ※毎日運航
PR438 マニラ    06:40     → セントレア    11:20 ※毎日運航

 セブ・パシフィック航空5J5039/5038

■運航ダイヤ
5J5039 セントレア 13:50 → マニラ   17:30  ※毎日運航
5J5038 マニラ    07:20 → セントレア 12:20  ※毎日運航

 

 

無査証短期滞在での入国要件 (5/30 より適用)
a)
新型コロナワクチンの完全接種(2 回のワクチン接種)を終えて、有効なワクチン接種証明書を所持していること。(本で接種済みの場合、デジタル庁・厚生労働省が提供する「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」が有効但し、ワクチン接種が完了している外国籍の親と一緒に渡航する 12 歳未満の子供は除く。
b)
フライト出発時刻から遡って 48 時間以内に実施した RTPCR 検査または 24 時間以内に実施した抗原検査の陰性証明書をフィリピン入国時に提出すること。検査結果は紙に印字されたものであり、RTPCR 検査法であることが分かること、受診いただいた方の氏名(パスポート氏名と一致)、検査日時、検査を受けた医療機関・検査機関名が全項目において英文で記載されていることが条件。但し、以下 i),ii),iii)のいずれかに該当する場合不要。
i)
外国籍 18 歳以上の方、ブースター接種(3 回のワクチン接種)を終えている場合
i
i) 外国籍 1217 歳の方、完全接種(2 回のワクチン接種)を終えている場合
iii)
i)の規定を満たす外国籍の親と一緒に渡航する 12 歳未満の子供が渡航する場合。
(親がフィリピン国籍の方は、その親の入国プロトコルに従ってください)

c)
フィリピン到着時点から 30 日以内に出国する往復航空券もしくは第 3 国行きの航空券を所持していること但し、共和国法 9174 号に基づくバリクバヤンプログラム対象者の外国籍配偶者およびその子供の場合は不要です。
d)
フィリピン到着時点で 6 ヶ月以上の残存期間があるパスポートを保持していること。
今回の改定により、コロナ治療費をカバーする海外旅行保険加入入国要件に含まれなくなりました。

221122_日本-フィリピン間の2022年12月の運航予定について

eARRIVALカード 登録について 

 

フィリピン航空は、東京/成田〜セブ線を7月2日から増便する。

これまで、第1・第3土曜の月2便のみ運航してきたものの、月6便に増便する。運航日は東京/成田発、セブ発ともに、7月2日・16日・24日・25日・30日・31日となる。機材はエアバスA321型機。

■ダイヤ
PR433 東京/成田(14:40)〜セブ(19:00)/7月2日・16日・24日・25日・30日・31日
PR434 セブ(07:45)〜東京/成田(13:40)/7月2日・16日・24日・25日・30日・31日