水際対策について

日本へ帰国する皆様へ

水際対策(2022/6/1以降日本到着の方)

令和4年6月1日更新(青色・黄色国からの帰国時の提出書類は以下3点に)<最新>

(1)日本帰国72時間前の渡航先国でのPCR検査とそれの陰性証明書

(2)質問書

(3)日本でワクチン接種済み証明書

上記の案内には2022年6月1日以降、簡素化される旨の案内はまだ、厚労省HPには出ていないようです

携帯アプリインスト-ルについて  質問票QRコードについて   質問票WEB操作方法   

新型コロナウイルス感染症対策 質問票回答受付

帰国時の出国前PCR検査の記入項目が簡略化、パスポート情報、医療機関の印影など不要に【2022年6月10日〜】

日本入国(帰国)の際に必要な出国前72時間以内の検査証明書(陰性証明)の記入必須項目が、2022年6月10日から簡略化されています。いままで必要だった「パスポート情報」「国籍」「性別」「結果判明日」「医療機関の住所」「医師名」「医療機関の印影」が削除されました。

新しいフォーマットでは以下の項目が必須になっています。

【記載必須項目】- 氏名

– 生年月日
– 検査法
– 採取検体
– 検体採取日時
– 検査結果
– 医療機関名
– 交付年月日

検査証明書のフォーマットについては、以前は所定のフォーマットが強く推奨されていましたが、今回からは検査証明書のフォーマットについては、そのような表現はなくなりました。ただし、上記の項目が日本語または英語で記載されている必要があります。厚生労働省のサイトによると、任意フォーマットの場合には検体、検査方法等の必要事項該当箇所にマーカーをするなど、検査証明書の確認が円滑に行われるように協力をお願いしたいとの記載もあります。引き続き厚生労働省が提供している上記簡略化後の所定のフォーマット もダウンロードできますので、医療機関でこのフォーマットに記載してもらう形で可能です。簡略化前の所定のフォーマットも使えます。

水際措置の見直しで「青」区分から帰国する場合は到着時検査なし、待機なしに

 

日本到着時のPCRテストについて

本年6月以降の新型コロナウイルス感染症に関する水際措置の見直しの詳細が公表されました。措置の概要は以下のとおりです。
1.入国時検査及び入国後待機期間の見直し
オミクロン株に関する知見、各国・地域における流行状況、日本への流入状況などのリスク評価、ワクチンの有効性等を踏まえ、各国・地域からの流入リスクを総合的に勘案し、本措置に基づく別途の指定に沿って、下記の措置を実施します。
国・地域を「赤」・「黄」・「青」の3つに区分し、
(1)「赤」区分の国・地域からの帰国者・入国者については、入国時検査を実施した上で、検疫所が確保する宿泊施設での3日間待機を求め、宿泊施設で受けた検査の結果が陰性であれば、退所後の自宅等待機を求めないこととします。このうち、ワクチン3回目接種者については、宿泊施設での待機に代えて、原則7日間の自宅等待機を求めることとし、入国後3日目以降に自主的に受けた検査の結果が陰性であれば、その後の自宅等待機の継続を求めないこととします。
(2)「黄」区分の国・地域からの帰国者・入国者については、入国時検査を実施した上で、原則 7日間の自宅等待機を求めることとし、入国後3日目以降に自主的に受けた検査の結果が陰性であれば、その後の自宅等待機の継続を求めないこととします。このうち、ワクチン3回目接種者については、入国時検査を実施せず、入国後の自宅等待機を求めないこととします。
(3)「青」区分の国・地域からの帰国者・入国者については、ワクチン3回目接種の有無によらず、入国時検査を実施せず、入国後の自宅等待機を求めないこととします。
※本措置に基づく国・地域の区分は別途公表します。

2.入国後の公共交通機関の使用について
入国後24時間以内に自宅等待機のために自宅等まで移動する場合に限り、引き続き、自宅等待機期間中であっても公共交通機関の使用を可能とします。

3.措置の詳細は、以下の別紙を参照してください。
別紙「水際対策強化に係る新たな措置(28)」
https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/pdf2/0520_28.pdf

※ 外務省の感染症危険情報発出国については、外務省海外安全ホームページを御確認ください。
https://www.anzen.mofa.go.jp/
※ 査証制限措置対象国については外務省ホームページを御確認ください。
https://www.mofa.go.jp/mofaj/ca/fna/page4_005130.html

(問い合わせ窓口)
○厚生労働省新型コロナウイルス感染症相談窓口(検疫の強化)
日本国内から:0120-565-653
海外から:+81-3-3595-2176(日本語、英語、中国語、韓国語に対応)

○出入国在留管理庁(入国拒否、日本への再入国)
電話:(代表)03-3580-4111(内線4446、4447)

○外国人在留支援センター内外務省ビザ・インフォメーション
電話:0570-011000(ナビダイヤル:案内に従い、日本語の「1」を選んだ後、「5」を押してください。)一部のIP電話からは、03-5363-3013

○海外安全ホームページ
https://www.anzen.mofa.go.jp/ (PC版・スマートフォン版)
http://www.anzen.mofa.go.jp/m/mbtop.html (モバイル版)

東南アジアの入国制限の緩和状況について(5月20日現在)

マレーシアは、5月1日から次のように入国制限措置を緩和しました。

  • 所定のワクチン接種者は、出発前と到着時の両方とも検査が不要
  • 感染した場合の治療を補償する旅行保険加入が不要
  • アプリを使用してチェックインが不要

ワクチン未接種者は、日本出発前2日以内にPCR検査を受け、到着後24時間以内に抗原検査(検査キット不可)を受け、5日間の検疫を受ける必要があります。→陽性なら7日間の隔離

なお、60歳以上の方で3回目接種を受けていなけれは、未接種者扱いとなります。

現在残っている入国制限措置は、「MySejahteraアプリ」への事前登録です。

ワクチン状況については、このアプリで申告するようになっています。

したがって、入国に際しては、ワクチン接種証明書は不要ですが、入国後、レストランや観光施設等で提示が求められることがあるので、ワクチン接種証明書は取得し、持参するようにしましょう。

入国後については、次の行動制限措置が廃止されました。

  • ソーシャルディスタンスの義務を廃止
  • 屋外でのマスクの着用義務を廃止

タイは、5月1日から次のように入国制限措置を緩和しました。

  • ワクチン接種者は、「テスト&ゴー」(到着時にPCR検査を受けて、検査結果がでるまで指定ホテルで隔離)が不要
  • 必須の旅行保険の補償額が20,000ドルから10,000ドルへの引き下げ

ワクチン未接種者は、日本出発前72時間以内にPCR検査の陰性証明書の提出が必要になります。

規定回数のワクチンを接種しておらず、日本出国前の検査で陰性を証明できない旅行者は、ホテルで5日間の隔離が必要です。また、滞在4日目か5日目にPCR検査を受ける必要があります。以上のとおり、ワクチン接種者にはほとんど入国制限措置がなくなりましたが、「タイランドパス」は引き続き申請する必要があります。

シンガポールでは、4月下旬にワクチン接種者(2回以上)は、これまでに廃止された到着時のPCR検査に加えて、日本国内出国時のPCR検査が不要になりました。

現在残っている入国制限措置は、次のとおりです。

  • ワクチン接種証明書の提示
  • 出発前に「SGアライバルカード」への記入(ワクチン接種状況等)
  • シンガポール版接触確認アプリ「TraceTogether」のダウンロード
  • 30,000シンガポールドル以上の補償額がある旅行保険の加入

なお、ワクチン未接種者・未完了者は、日本出国前48時間以内のPCR検査陰性証明書が必要です。フィリピンでは、次のような入国制限措置が残っています。

  • ワクチン接種証明書の提出(2回以上)
  • 日本出発前48時間以内に行われるPCR検査、または24時間以内に行われた抗原検査の陰性証明書の提出
  • e-Health Declaration Cardにオンラインで記入
  • ヘルスパスの登録
  • 35,000米ドル以上の補償額がある旅行保険への加入
  • パスポートが残存有効期限が6カ月以上
  • フィリピン到着日から30日以内に出国する航空券を所持

インドネシアでは、査証(ビザ)、APECビジネストラベルカード、滞在許可(ITAS)・定住許可(ITAP)を持っている人以外は、原則、インドネシアに入国できません。到着ビザ(VOA)については、4月6日からスカルノハッタ国際空港を含む主要空港等で日本人への発給が開始されました。

インドネシアでは、次のような入国制限措置が残っています。

  • ワクチン接種証明書の提出
  • 日本出国前48時間以内に行ったPCR検査の陰性証明書の提出
  • 25,000米ドル以上を補償する旅行保険の加入

ベトナムでは、次のような入国制限措置が残っています。

  • 日本出国前72時間以内のPCR検査又は24時間以内に抗原検査の陰性証明書の提出
  • オンライン医療申告アプリ(PC―COVID)を使用
  • 10,000米ドル以上を補償する保険健康保険への加入

【中国】日本からの入国、搭乗前2日間に3回検査

日本から中国に渡航する際の防疫措置を5月30日から厳格化すると発表した。出発前2日間に新型コロナウイルスの検査を3回行うよう定めた。中国への渡航者は、出発予定日の2日前に1回目のPCR検査を行い、出発前24時間以内に2回目のPCR検査を行う必要がある。2回目の検査は中国大使館が指定する12の特別指定検査機関で受けなければならない。1回目と同じ検査機関で受けることも不可。2回のPCR検査の結果を取得した後は、中国渡航に必要な「健康コード」の申請を行う。

査証制限措置対象国については外務省ホームページを御確認ください。

5月現在入国待機期間 5月16日指定国追加

入国手続の一部をウェブ化 「ファストトラック」よくあるある質問について

ファストトラックについて5つの空港において運用開始) → 詳細

検査証明書の提出について

厚生労働省・入国者健康確認センター(日本へ入国・帰国)