最新ニュース

11/8以降の水際対策の緩和について                              原則禁止していた外国人の新規入国に関して、11月8日からビジネス目的の短期滞在や留学生、技能実習生を対象に認めるとのことです。条件として受け入れ企業や団体による入国者の行動管理をあげています。短期ビジネス目的の入国者については、ワクチン接種済みを条件に入国後の待機期間を原則3日間に短縮する方針を固めました。具体的には、待機期間を3日間とした上で、4日目以降は陰性が確認され、企業による行動管理などを条件に公共交通機関の利用や会食などの外出を認めるとしています。
原則停止していた外国人の新規入国については、ビジネス目的の短期滞在や留学生、技能実習生を対象に認められます。
また、今年1月に海外での変異ウイルス流行などを受けて入国制限を強化しました。現在はいったん入国したことがある人や、日本人配偶者がいるなど「特段の事情」がある外国人に来日を限っている状況で、新規入国は原則認めていません。また、1日あたり3,500人としている入国者の上限について、政府は今月下旬から5,000人に引き上げる方針とのことです。

GoToトラベルについて                                   再開日は正式に決まっていませんが、国は 2021 年 12 月まで「県民割」(地域観光事業支援)で観光業を支援する方針を打ち出しています。 また、岸田首相は、10 月 11 日放送のワールドビジネスサテライトの中で、GoToトラベルの年内再開に慎重姿勢を示しており、2021 年内再開の可能性は遠のいています。

GoTo再開案
・補助金上限は 1 人 1 万 3,000 円に引き下げの方向で調整(11/14)
・地域共通クーポンは、平日 3,000 円、休日 1,000 円とする方向(11/14)
・GoToトラベル 2 月再開を検討へ(11/12)
・斉藤国交相 2022 年 1 月の再開方針報道について「方針決めてない」(11/12)
・11 月 19 日に策定予定の経済対策に「GoTo再開」明記へ(11/7)