最新ニュース

ウェザーマップ第3回「さくら開花予想」24年の桜は平年より早く、東京で3月17日

主な地点の開花日予想

 

「飛鳥Ⅱ」衛星通信サービス Starlink(スターリンク)を導入

KDDI株式会社が提供する衛星通信ブロードバンドStarlink(スターリンク※)を「飛鳥Ⅱ」に導入することを決定。スペースX社が開発したスターリンクは従来の衛星通信と比較して、大幅な高速化、低遅延化を実現し、より高速なインターネット接続が可能となり、大幅な船陸間の通信速度の向上に繋がります。2024年2月13日からすべてのお客様にスターリンクを利用したWi-Fiサービスをご提供いたします。飛鳥クルーズはこれからもお客様、乗組員のニーズに合った通信環境を整え、より快適なクルーズライフの実現を目指します。

北陸新幹線かがやき・はくたか30%引きの「新幹線eチケット(トクだ値14)」発売。金沢~敦賀間の開業に合わせて

JR東日本は、北陸新幹線 金沢~敦賀間が3月16日に延伸開業するのに合わせ、「新幹線eチケット(トクだ値)」2種類を発売する。早めに予約するとこで割引になる「えきねっと」会員限定きっぷで、首都圏~北陸の旅行が便利でお得になるという。たとえば東京~敦賀間は、新幹線eチケット通常期が大人片道1万6160円のところ、トクだ値14なら30%引き(4850円お得)の1万1310円、トクだ値1なら10%引き(1630円お得)の1万4530円となる。

新幹線eチケット(トクだ値14)

利用期間: 2024年3月16日~2025年3月31日
発売期間: 乗車日1か月前の10時から14日前の23時50分まで
割引率: 運賃と料金が30%引き
座席: 普通車指定席
対象列車: 北陸新幹線「かがやき」「はくたか」

新幹線eチケット(トクだ値1)

利用期間: 2024年3月16日から通年
発売期間: 乗車日1か月前の10時から1日前の23時50分まで
割引率: 運賃と料金が10%引き
座席: 普通車指定席
対象列車: 北陸新幹線「かがやき」「はくたか」

名古屋駅近くで預けた荷物、到着空港で受け取り 「オフエアポート・チェックイン」の実証実験実施

名古屋鉄道や全日本空輸(ANA)、日本航空(JAL)など8者は、オフエアポート・チェックインの実証実験を実施する。名鉄名古屋駅近くの名鉄百貨店本館1階の名鉄商店の店舗内に設置した受付ブースで預かった荷物を、名鉄名古屋駅から専用列車に積み込んで中部国際空港に輸送し、航空便に積み込んで目的地の空港まで直送する。実施期間は2月4日から11日まで。対象便は札幌/千歳行きのANA715便とJAL3117便で、スマートフォンで搭乗手続きが可能な人。これにより、航空旅客と手荷物の分離による公共交通機関の混雑緩和と手ぶら観光の実現による広域観光周遊の移動利便性向上、観光消費の拡大を見込む。名古屋鉄道は、国土交通省の「共創モデル実証プロジェクト」を活用するもので、3社のほかに、中部国際空港、北海道エアポート、Airporter、エージーピー、NPO法人次世代空港技術研究会が協力する。北海道から中部国際空港へ向かう人を対象とした実証実験も実施する。

入国審査と税関申告の二次元コードを統一

2024/1/25 AM3:00に入国審査と税関申告の二次元コードを統一するシステム変更を行う予定です。
これまで入国審査(外国人入国記録)と税関申告(携帯品・別送品申告)の手続は、それぞれの二次元コードを利用頂いておりましたが、変更後は一つの二次元コードで両方の手続が可能になります。
また、外国人の方は、これまで「外国人入国記録」と「携帯品・別送品申告」の2つのメニューを表示していましたが、リリース後は「入国審査及び税関申告」のメニューを表示します。
システム変更の概要

システム変更後に日本へ入国・帰国する場合の注意事項

変更前の二次元コードはご利用できません。必ず変更後に本サービスで二次元コードを表示し、入国・帰国手続をしてください。
外国人の方で変更前に入国審査と税関申告の情報を登録頂く場合は、必ず両方をご登録ください。

スターフライヤー、犬猫搭乗OK 1月15日から国内線全便

スターフライヤー(北九州市)は、来年1月15日から国内線の全便を対象に小型の犬、猫を連れて搭乗できるサービスを導入する。国内定期便で初めて北九州―羽田線で昨年3月から実施し、ペット愛好家に好評なため全路線に広げ、新たな客層の獲得を狙う。羽田―関西、山口宇部(山口県宇部市)、福岡と中部―福岡の4路線が新たに対象となる。規定のケージに入ることが条件で、料金は航空券代金とは別に1匹5万円。搭乗者1人につき1匹、1便あたり2匹まで持ち込める。ケージは最後部の窓側席に置き、飼い主は隣席に座る。フライト中のえさやりは禁止だが、給水器で水を与えることはできる。

東京〜盛岡駅間が7,140円など 東北新幹線、期間限定で最大半額

JR東日本は、東北新幹線が最大半額になる「お先にトクだ値スペシャル」を設定する。設定区間は東京・上野・大宮と岩手県内の新幹線各駅間。一例として、東京~盛岡駅間は通常14,290円のところ、7,140円となる。「はやぶさ」「やまびこ」のほか、対象区間内であれば「こまち」にも適用される。設定期間は2024年1月31日から2月13日まで。乗車日1か月前の午前10時から、20日前の午前1時50分まで発売する。設定座席数には限りがあるのでいつでも購入できるものでないので注意ください。

「正倉院宝物を受け継ぐ―明治天皇に始まる宝物模造の歴史」明治神宮ミュージアムで12月23日から

正倉院宝物は、光明皇后が聖武天皇の御遺愛品を東大寺の盧舎那仏に捧げられたことに始まります。 その品々には、東西アジアの文化交流が色濃く反映されており、正倉院は「シルクロードの終着点」とも言われます。また、その保存状態の素晴らしさから、世界的にも奇跡と呼ばれています。しかしながら、 約1300年以上経った宝物は脆弱であり、明治10年(1877年)に明治天皇が奈良に行幸し、正倉院宝物を天覧された際には毀損しているものが少なくありませんでした。 そこで天皇はそれらの整理と、 特に破損の激しかった楽器類の修理を命じたことが 『明治天皇紀』に記載されています。 そしてこれが、現代まで続く正倉院宝物の修理や模造製作の第一歩となったとされています。本展は、模造品を通じて、宝物を守り伝える大切さ、再現するための技術や最新の研究成果を紹介します。

 

JR東日本、1万円で全線1日乗り放題 平日限定、新幹線もOK

平日の日の鉄道利用を促進する施策として、新幹線や特急を含むJR東日本全線が10,000円で1日乗り放題の「旅せよ平日!JR東日本たびキュン早割パス」を期間限定で発売する。JR東日本全線のほか、青い森鉄道線、いわて銀河鉄道線、三陸鉄道線、北越急行線、えちごトキめき鉄道線の直江津〜新井駅間の普通・快速列車と、新幹線・特急の自由席、BRTが1日間乗り降り自由。新幹線・特急の普通車指定席も2回まで利用できる。利用できるのは2024年2月14日から3月14日までの平日のみ。利用日の1か月前から14日前まで、「えきねっと」限定で発売する。子ども用の設定はない。

ディズニーホテル、2024年3月10日以降宿泊分は4カ月前11時から予約可能に

ディズニーホテル(ディズニーアンバサダーホテル、東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ、東京ディズニーランドホテル、東京ディズニーリゾート・トイ・ストーリーホテル、東京ディズニーセレブレーションホテル)の宿泊予約について、これまでは3カ月前の11時からの予約受付でしたが、2024年2月1日宿泊分(2023年11月1日受付開始)から順次予約受付を前倒しし、2024年3月10日以降宿泊分については4カ月前同日からの予約受付と変更されます。

「羽田エアポートガーデン」全面開業!グルメに温泉、ホテルなど見どころ

2020年4月にグランドオープン予定だった「羽田エアポートガーデン」が、満を持して2023年1月31日に全面開業しました。羽田空港第3ターミナルに直結し、2つのエアポートホテルや展望天然温泉、ショッピングエリア、さらにコンベンションセンターに大型バスターミナルなどを備えた、国際ハブ空港にふさわしいスポット。新たな日本の玄関口は、驚きの進化を遂げています。国際線専用ターミナルとして2010年に開業した羽田空港第3ターミナルの到着ロビーには、かつてのようにインバウンドのお客さまの姿が多く見られるようになりました。2F到着ロビーに直結した通路を抜けると、吹き抜けのショッピングモールのような空間が出現。ここが、羽田エアポートガーデンのグランドホワイエです。飲食店やお土産店がところ狭しと並び、ホテルやイベントホールも揃う大型複合施設です。

ターミナルからのアプローチは、まるで遊歩道のような印象を受けます。広々とした通路を進んでいくと、テナントがずらりと並んでいます。

画像1: 遊歩道のような「ジャパンプロムナード」には、伝統工芸などがズラリ

訪れる人をまず出迎えるのが、ここ「ジャパンプロムナード」。古き良き日本の文化を感じさせる、全国各地の選りすぐりの品々を集めたエリアです。全15店舗が軒を連ね、日本の伝統色を用いた暖簾がかかります。

画像2: 遊歩道のような「ジャパンプロムナード」には、伝統工芸などがズラリ

例えば「福井洋傘」では、織物など地場産業を活かした手作りの洋傘を買うことができます。軽くて丈夫で美しい傘は、海外へのお土産としても喜ばれそうです。

画像3: 遊歩道のような「ジャパンプロムナード」には、伝統工芸などがズラリ

足を止めて眺めてしまうほど美しい工芸品が並ぶ一方、イートインできる飲食店などもあります。明治4年創業の老舗水産仲卸「尾粂」が展開する「金粂」では、海鮮を使った定食が充実。こだわりの出汁を使っているそうです。

鳥居が連なる「羽田参道」で、日本ならではのお土産を

さて、連絡通路を進むと、ショッピングモールのようなエリアへと移ります。

画像1: 鳥居が連なる「羽田参道」で、日本ならではのお土産を

まず目に入るのが「羽田参道」です。17の店舗を有するアーケードで、海外の方におすすめしたい日本らしいお土産や雑貨が見つかります。

画像2: 鳥居が連なる「羽田参道」で、日本ならではのお土産を

雑貨なら、創業90年以上の化粧筆専門店「六角館さくら堂」へ。京都文化と熊野の技術によって生まれた化粧筆「さくら筆」を取りそろえています。

画像3: 鳥居が連なる「羽田参道」で、日本ならではのお土産を

“和”を感じるもののみならず、日本ならではのキャラクターグッズや雑貨が手に入るスポットも。

羽田エアポートガーデン

住所 東京都大田区羽田空港2-7-1
電話 0570-033-577
営業時間 物販/軽飲食/サービス 10:00~20:00(一部8:00~22:00)
飲食 11:00~21:00(一部11:00~22:00)
web https://www.shopping-sumitomo-rd.com/haneda/shopping/

中部空港の “隠れ名物” 日本唯一「滑走路が眺められる大浴場」刷新し復活!

2023年春オープン予定

新型コロナウイルス感染拡大の影響で2020年10月より休業していた、中部空港の「くつろぎ処」にある入浴施設「風の湯(フーのゆ)」が、温浴・サウナ施設「SOLA SPA 風の湯(ソラスパ フーのゆ)」としてリニューアルオープンします。新施設は、総合ウェルネス事業を行い、東京・歌舞伎町や静岡・浜松などで温浴施設を運営するクレドインターナショナルが手掛けるもので、2023年春のオープンを予定しているとのことです。「SOLA SPA 風の湯」は大浴場(展望内風呂、ジャグジー、寝湯、水風呂)、サウナ、仮眠スペース、本格アジアンスパ、サウナ飯レストランを完備。以前と同様、日本の空港で唯一、飛行機を見ながら入浴できる温浴施設であることは変わりません。大浴場には、内湯のほか外気浴を楽しめる展望デッキも設置されています。浴室外には仮眠ができるリラクゼーションスペースや、お台場の「グランドニッコー東京 台場」など国内外に多数展開するアジアンスパ店SANATIO SPA(サナティオスパ)』、「サウナ飯」レストランも併設します。また、展望デッキでは、飛行機や海を眺めながら楽しめる「テントサウナ」イベントの定期開催も予定しているそうです。

羽田空港公式アプリに新機能 搭乗口までスイスイ 「空港での遊び方」も一発理解?

「マイフライト登録」は、最新の運航情報をもとに搭乗までの旅客の行動をサポートするもので、通知設定により、登録便の最新情報をアプリ上で確認することができます。フライトを登録すると、利用ターミナルや最も近い検査場、搭乗口の案内など、空港到着前から搭乗まで、ストレスのないより良い空港体験を提案するとしています。なお、利用にはアプリの会員登録が必要になります。「羽田空港内の過ごし方提案」は、旅客が搭乗する時間までの好みの過ごし方を提案する機能。空港で旅客が搭乗するまでの時間を有意義に過ごせるよう、好みのレストラン、カフェ、お土産など、一人ひとりに合った情報を提供するとのことです。こちらは、会員登録なくとも利用可能な機能としています。

パスポート更新がオンライン化、手続き時の出頭が不要に 3月から

政府は9月30日、4月に公布した改正旅券法の施行令などを閣議決定した。これにより、パスポートの更新手続きや紛失手続きなどを電子申請できるようになる。改正旅券法の施行は3月27日から。

日本のパスポート

これまでパスポートの更新手続きを行うには、各都道府県の申請窓口に届け出を提出する必要があったが、同法の施行後は申請時に出頭する必要がなくなる。電子申請時の手数料については、クレジットカードでの支払いも一部の在外公館から順次可能に。他にも大規模災害時のパスポート手数料の減免も可能になる。

旅券法の改正は、新型コロナウイルスの感染拡大による社会情勢の変化や、利便性向上、パスポートに関わる事務作業の効率化などを見直すために行われたとしている。外務省の発表

「ANAアプリ」に国内線の搭乗ガイド機能

全日本空輸(ANA/NH)は、同社のモバイルアプリ「ANAアプリ」に国内線の搭乗ガイド機能を追加した。アプリに予約情報を連携すると、イレギュラー運航などの重要な案内や必要な情報を適時表示する。

ANAアプリのMy Booking内の表示イメージ(同社提供)

アプリの「My Booking」内に、予約から搭乗までの各シーンや、欠航や遅延などイレギュラー運航時の重要な案内などを表示。タイムリーに情報を提供することで、乗り慣れた人だけでなく初めて利用する人、久しぶりに搭乗する人も、安心して利用できるようにした。

My Booking内には「ご搭乗のガイド」ボタンを新設。予約後から搭乗までのステップや必要情報を時系列で表示する。ご搭乗のガイドは、国内の航空会社では初めての機能だという。

ANAアプリの「ご搭乗のガイド」表示イメージ(同社提供)

ANAはアプリの機能強化を進めており、6月には空席待ちの手続きをできるようにした。機能拡充に伴い、国内線の一部サービスを廃止。2006年9月1日に導入した「SKiP(スキップ)サービス」と呼ぶ国内線航空券の購入や座席指定を済ませた乗客が、保安検査場に直接向かえるサービスは、2023年3月31日で終了する。51空港に437台設置している国内線用の自動チェックイン機は2023年度に廃止し、1年かけてすべて撤去する。

東京観光デジタルパンフレットギャラリー(TOKYO Brochures) (gotokyo.org)